サワダ(建)不動産
tel 072-851-1301
不動産仲介手数料
INDEX
不動産用語
不動産の税金
不動産測量と登記
不動産の査定
不動産の仲介手数料
不動産売買費用
不動産の媒介契約
不動産賃貸諸費用

参考 不動産の手数料について
icon
宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受け取る事が出来る報酬の額 

宅地建物取引業者による媒介または代理によって、宅地建物の売買・交換・貸借が成立した場合に、宅地建物取引業者は、媒介契約または代理契約に基づき、依頼者から所定の報酬を受け取ることができる。

この報酬の額は、媒介契約または代理契約に基づき、依頼者と宅地建物取引業者の間で約定されるものである。
またこの報酬の額の上限は、宅地建物取引業法により国土交通大臣が告示で定めるものとされており(法第46条第1項)、宅地建物取引業者はその告示の規定を超えて、報酬を受けてはならないという制限がある(法第46条第2項)。

このような宅地建物取引業法の規定を受けて、昭和45年に建設省告示「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額を定める件」(いわゆる報酬告示)が告示されている(最終改正平成16年2月18日)。報酬額の制限の概要は次のとおり。

1)報酬が発生する場合
宅地建物取引業者の媒介または代理により、売買・交換・貸借が成立した場合に、宅地建物取引業者は依頼者に報酬を請求することができる(法第46条第1項)。
しかし、宅地建物取引業者自らが売り主または貸し主として売買・交換・貸借が成立した場合には、その売り主または貸し主である宅地建物取引業者は取引当事者の立場にあるので、買い主または借り主に報酬を請求することはできない。
またこの報酬は成功報酬と解釈されており、原則として売買・交換・貸借が媒介または代理により成立した場合にのみ報酬請求権が発生するとされている(標準媒介契約約款の規定等による)。

2)売買の媒介における報酬額の上限
売買の媒介の場合に、宅地建物取引業者が依頼者の一方から受けることができる報酬額の上限は、報酬に係る消費税相当額を含めた総額で、次のとおりである(報酬告示第二)。

ア:売買に係る代金の価額(ただし建物に係る消費税額を除外する)のうち200万円以下の部分について…5.25%
イ:200万円を超え400万円以下の部分について…4.2%
ウ:400万円を超える部分について…3.15%

物件価格 仲介手数料(円)
200万円以下 物件価格x5.25/100
200万円を超え400万円以下 物件価格x4.2/100
400万円を超える 物件価格x3.15/100


例えば、売買に係る代金の価額(建物に係る消費税額を除外)が1,000万円の場合には、200万円の5.25%、200万円の4.2%、600万円の3.15%で、10.5万円・8.4万円・18.9万円の合計として37万8,000円が依頼者の一方から受ける報酬額の上限となる(ただしこの額には報酬に係る消費税相当額を含む)。

3)交換の媒介における報酬額の上限
交換の媒介の場合には、交換する宅地建物の価額に差があるときは、いずれか高い方を「交換に係る宅地建物の価額(ただし建物に係る消費税額を除外する)」とする(報酬告示第二)。
例えば、A社がX氏と媒介契約を結んでX氏所有の800万円(消費税額を除外後)の宅地建物を媒介し、B社がY氏と媒介契約を結んでY氏所有の1,000万円(消費税額を除外後)の宅地建物を媒介して交換が成立したとすれば、A社の報酬額の上限は800万円でなく、1,000万円をもとに計算する。従ってA社の報酬額の上限は37万8,000円である(ただしこの額には報酬に係る消費税相当額を含む)。

4)貸借の媒介の場合
宅地または建物の貸借の媒介において、宅地建物取引業者が依頼者の一方から受けることのできる報酬の上限は原則として借賃(ただし借賃に係る消費税額を除外する)の1月分の0.525倍である。ただしこの額には報酬に係る消費税相当額を含んでいる(報酬告示第四)。
また、宅地建物取引業者が当該依頼者の承諾を得ているときは、最高で借賃の1月分の1.05倍を依頼者の一方から受けることができる。

貸主・借主双方からの受け取る報酬合計金額=賃貸料1ヶ月


なお、宅地または非居住用の建物(店舗・事務所など)の賃貸借において、権利金が授受されるときは、その権利金の額を上記2)の「売買に係る代金の額」とみなして、売買の媒介の場合と同様に報酬額の上限を算出することが可能である(報酬告示第六)。

5)代理の場合
売買・交換・貸借の代理において、宅地建物取引業者が依頼者の一方から受けることのできる報酬額の上限は、上記2)・3)・4)の2倍となる(報酬告示第三・第五)。

6)複数の宅地建物取引業者の関与 icon
複数の宅地建物取引業者が関与する場合には、それらの業者の受ける報酬額の合計は、上記2)・3)・4)の2倍を超えることはできない。

7)特別の依頼に係る広告費用
依頼者が特別に依頼した広告の料金に相当する額は、上記の1)から6)のほかに、宅地建物取引業者が依頼者から受けることができる(報酬告示第七)。 

パソコン操作の方法     健康ダイエット   結婚   ネットショッピング   旅行の計画  アフリエイトで広告収入  風水  手相  姓名  趣味の部屋     SEO     大峰山-世界平和を祈る  大峰山の山伏  大嶺講  お墓参り  大峰山大峯山大嶺山  般若心経  行者作法  大峰山とは  神社仏閣  日本の仏教  儒教  後醍醐 天皇   干支  山岳信仰  飛鳥  卑弥呼  六道輪廻  節分  二十四節気  九品往生  煩悩  四苦八苦  波羅蜜   四念処  37道品  入滅  サンスクリット  干支 梵字 入滅  聖徳太子  阿闍梨  三学   空・無  舒明天皇  大化の改新  両界     建 築相談  日曜大工  開発許可  マンション内覧会同行   敷金トラブル  関西外大周辺の賃貸マンション  施工図  サワダ建築事務所 木造住宅の耐震診断   建築確認申請   家屋検査  土壌汚染  住宅の設計   建築用語   建築申請memo 建蔽率   容積率  天空率  斜線制限  高さ制限 不動産用語  サワダ(建)不動産 不動産QA  防火・耐火   地盤   建築診断チェック  手抜き工事を見つける方法   不動産賃貸諸費用   土地測量と登記   不動産の仲介手数料   不動産査定   不動産の税金  不動産売買費用    不動産の媒介契約 維持管理  欠陥住宅・瑕疵 壁量計算 建築構造 建物検査調査  基礎  古民家 木材  配筋   建築基準法   工法と構造   チェックシート  構造計算が必要な場合  壁量計算書  木造の構造設計      構造計算偽装 床面積  在来工法 ツーバイフォー工法  オ-ル電化   登録有形文化財   住宅検査・調査  定期報告  品確法   断熱  耐震診断  耐久性  遮音  バリヤフリー   株式投資 株式公式   株式格言  株式材料と株価  株式用語  株式先物取引  株式信用取引  株式現物取引   遺産と相続 両界